# オーガニックコットンの魅力

普段コットンを使う機会がありますか。女性であれば、化粧品使うときに必ずコットンは使用するはずです。このコットンの中でも今人気を集めているのがオーガニックコットンです。とても肌に良いイメージのあるオーガニックコットンですが、実は一般的なコットンと比べて使用に大きな違いはありません。では、なぜここまで人気があるのかと言えば、オーガニックの場合は仕上がりまでに一切科学処理を施さないで、コットンの風合いを生かしているという違いがあります。この違いは、一般の人が感じるにはとても難しいレベルですが、科学処理をしてないと聞けばとても肌に良いというイメージになるはずです。実は、オーガニックコットンの最大の魅力は環境への負担が少ないことです。コットンを作る場合農薬などが使われ地球環境に大きな負担が生じますが、オーガニックの場合はこうした農薬を使わないので地球に優しいと言えます。

肌にも環境にも優しいオーガニックコットン

オーガニックコットンとは、3年以上農薬を使用していない畑で、化学肥料を使わずに堆肥などの有機肥料を使用して栽培されたコットンです。栽培には発ガン性物質や、アレルギーを引き起こす薬品は一切使わないなど、厳しい基準があります。また、殺虫剤を使わずに害虫の天敵であるてんとう虫に害虫を食べてもらったり、虫が嫌がるハーブを植えたりして害虫による被害を抑えます。農薬や化学肥料を使わないオーガニックな農法なら、二酸化炭素が削減する効果もあり、環境汚染の軽減にも繋がります。オーガニックコットンは、畑や栽培方法が審査基準をクリアし、認定機関の認証を受けて始めて、「オーガニックコットン」として出荷出来るようになります。赤ちゃんの肌着やタオル、Tシャツ、インナー、女性用の布ナプキンなど用途は様々です。肌触りが良いのが特徴で、赤ちゃんや敏感肌の人でも安心して使用出来ます。

オーガニックコットンとコットンの違い

オーガニックコットンとコットンの違いは、農地や栽培方法、製造工程にあります。まず、農地はオーガニック農産物の生産方法の基準に従って承認機関のチェックを受けます。そして承認を得る為には2~3年の生産実績が求められます。通常のコットンの生産では化学と農薬が使用されますが、オーガニックコットンは基準に定められた有機肥料で土壌作りをして、禁止されている農薬は一切使用出来ません。また製造工程においても化学薬品の使用が制限され、労働者の面でも児童労働がない事や安全面の確保などの規定があります。また原料の含有量の確保も条件となります。認証機関は毎年、農家をチェックして継続して管理しているか調べています。過剰な農薬の使用による環境汚染や、農家の人々の健康を害さない綿花作りの規定がオーガニックコットンを生み出します。