# 人と共にある布団の歴史

人はその脳の大きさから、ゆっくりと横になり、他の動物に比べ長く睡眠をとる必要があります。そのため、人の寝る限り必要なものである寝具は、その歴史は古く、日本最古の歴史書と言われるあの古事記にも記述があるほどです。日本の昔では、寝具は現在のものに比べると、かなり粗末なものを使っていたようです。古事記の記述ではたたみとよばれ、現在の敷布団のように用いていたようです。たたみとはいっても、現在の畳とは違い、いわゆるむしろに似たものを重ねて使用していたといわれます。


現代のように、ダイエットのために食べ物を吐き戻していたというほど、裕福な生活をしていた平安時代の貴族たちも、絹の寝具ではありましたが、現在のような柔らかなものでは寝ていませんでした。近年人気の出てきたいわゆるかいまきも、この頃のものは綿が詰まったものでなく、ただの厚手の衣服に近いものでした。布団の団は柔らかいものを表しますが、その柔らかい寝具は、戦国時代に木綿が生産できるようになり、徐々ににその生産地が広がってからようやく、発達してきました。幕末になり、現在に続く掛・敷布団の原型ができました。しかし今のように、一般家庭にも普及したのはごく近年で、庶民には長く高嶺の花だったものでした。床に直接敷くのではないベッドのスタイルは、欧米では一般的な寝具ですが、日本でも、近年になって住居が洋風化し、畳に障子といった和室が少なくなったことから、需要が進んでいるようです。


しかし、その歴史は意外に古く、正倉院には聖武天皇のためのベッドも保存されていて、奈良時代には外来していたスタイルであることが確認されます。現在に入っても、人が寝る限り、寝具の歴史は更新を続けています。掛・敷布団の形式が確立したため、そのスタイルよりも、材質や機能性について多様化を続けているようです。特に最近では、睡眠の質の向上に関心が高まり、素材の高級さ、持ちの良さという品質よりも、より良い睡眠のための機能を備えた素材をうたった布団が提案されているようです。また近年、アレルギー体質の子どもが増えたことなどから、抗菌仕様や丸洗い可のもの等、衛生的な配慮のなされた商品も開発されています。ベッドについては、洋式の住居が増えたとはいえ日本の土地は狭いため、ひと昔前からある2段ベッドだけでなく、折りたたんでソファーにも使えるもの、収納を考えたもの、勉強机とセットにしたものなど、コンパクトな活用を提案するものが増えています。また、高齢化が進む近年の介護の需要から、電動によって上半身を起こせるもの、圧を変えて床ずれを防ぐものなど、様々な機能のものの開発が進んでいます。人が寝る限り、人と共にあった布団の歴史。これからも、様々な進化を遂げ、人の生活に寄り添うパートナーとなっていくでしょう。